ブッダが謎解く三世の物語

ブッダが謎解く三世の物語 ―『ディヴィヤ・アヴァダーナ』全訳― 【全2巻】

平岡 聡

A5判 揃税込21,600円 本体20,000円 2007.10

〔ディヴィヤ・アヴァダーナとは〕
 『ディヴィヤ・アヴァダーナ』は、10世紀前後の北西インドで編纂されたと考えられ、全37章からなる説話の多くは、主に説一切有部という有力な部派仏教の一派が保持していた律蔵から取材したものと推定されています。したがって、研究者の間では、古代インドの仏教を考察する上で貴重な情報源とみなされ、論文などにもしばしば取り上げられる文献です。

〔物語の特徴〕
 インドでは「輪廻」という考え方が一般に浸透していることから、仏教の説話には過去物語・現在物語・未来物語が組み合わされたストーリーがよく見られます。『ディヴィヤ・アヴァダーナ』も例外ではありません。また、「アヴァダーナ」とは、教訓になるような喩え話のことと考えられてもいます。そこで、主題になるのは「輪廻」に伴う「業」という考え方です。『ディヴィヤ・アヴァダーナ』の説話の大半は、現在から過去へ、あるいは現在から未来へというストーリーの展開の末に、「行なわれた善行には必ず良い報いがあり、行なわれた悪行には必ず悪い報いがある。たとえ善行があっても自身の悪行の報いを帳消しにはできないのだ」という教訓をブッダ(釈尊)が語るという筋書きになります。おそらく、このような民衆教化が当時は行なわれていたのでしょう。

〔豊富な話題と編集の妙〕
 37章に渡る説話は実に多種多様です。主人公も、隊商主であったり、出家者であったり、さらには巧妙に擬人化された動物であったりします。また、内容も、SF映画を想わせるような一大スペクタクルあり、凄惨な残酷物語あり、身近な人情噺のようなものもあり、その中には、「ノアの方舟」や「わらしべ長者」の話に似た、どこかでお目に掛かったような物語も含まれています。それらの教訓話からグリム童話を思い起こされる方も多いのではないでしょうか。そして、当時のインドの人々の「有るものはありのままであり、現に有るものは以前からあるのだ」というような、率直な受け止め方を巧みに活かした編纂者の筋立てには、思わず苦笑してしまい、あるいは新鮮ささえ感じるのではないでしょうか。世界の物語文学に興味をお持ちの読者の皆様必見の書物です。

【上巻】
「第1章 餓鬼界を遍歴したコーティーカルナ」
~ 「第22章 自らの頭を布施する王」を収録。

【下巻】
「第23章-25章 素行の悪い比丘の末路」 
~ 「第37章 阿羅漢になった父と地獄に堕ちた息子」
及び Appendix A/Appendix B を収録。


【関連書】
『説話の考古学 ~インド仏教説話に秘められた思想』
平岡聡 著 A5判 512頁 税込10,500円 ISBN 4-8043-1054-1

ブッダの大いなる物語 ―梵文『マハーヴァストゥ』全訳― 【全2巻】
平岡聡 著 A5判 揃税込23,100円

ブッダが謎解く三世の物語

ブッダが謎解く三世の物語 ―『ディヴィヤ・アヴァダーナ』全訳― 上巻

平岡 聡

A5判 624頁 税込10,800円 本体10,000円 978-4-8043-0568-4 2007.10

『ディヴィヤ・アヴァダーナ』とは
10世紀前後の北西インドで編纂されたと考えられ、全37章からなる仏教説話集である。収録された多くの説話が説一切有部という有力な部派仏教の一派が保持していた律蔵から取材したものと推定されており、相当に古い伝承が保存されている。よって、研究者の間では、古代インドの仏教を考察する上で貴重な情報源とみなされ、論文などにもしばしば取り上げられる文献である。

【目次】

第1章 餓鬼界を遍歴したコーティーカルナ
第2章 伝道に命を燃やすプールナ
第3章 未来仏マイトレーヤ出現の因縁譚
第4章 「如来」の語源解釈
第5章 ブッダを賞賛するバラモン
第6章 バラモンの帰依と仏塔崇拝の功徳
第7章 成仏を予言された町の洗濯婦
第8章 隊商主スプリヤの大冒険
第9-10章 超能力を持った六人家族
第11章 ブッダに救いを求めた牛の過去と未来
第12章 ブッダと外道との神変対決
第13章 猛龍を倒すも、一滴の酒に倒れた阿羅漢
第14章 豚への再生を免れた天子
第15章 転輪王への再生を予言された比丘
第16章 三帰依で天に再生した二羽の鸚鵡
第17章 後宮に金の雨を降らせたマーンダータ王
第18章 母と通じ、阿羅漢を殺し、両親を殺したダルマルチ
第19章 波瀾万丈のジョーティシュカ
第20章 極限状態での布施
第21章 五趣輪廻図を縁として
第22章 自らの頭を布施する王


【下巻】
「第23章-25章 素行の悪い比丘の末路」 
~ 「第37章 阿羅漢になった父と地獄に堕ちた息子」
及び Appendix A/Appendix B を収録。
【既刊関連書】
『説話の考古学 ~インド仏教説話に秘められた思想』
平岡聡 著 A5判 512頁 税込10,500円 ISBN 4-8043-1054-1
 

ブッダが謎解く三世の物語

ブッダが謎解く三世の物語 ―『ディヴィヤ・アヴァダーナ』全訳― 下巻

平岡 聡

A5判 600頁 税込10,800円 本体10,000円 978-4-8043-0569-1 2007.10

『ディヴィヤ・アヴァダーナ』とは
10世紀前後の北西インドで編纂されたと考えられ、全37章からなる仏教説話集である。収録された多くの説話が説一切有部という有力な部派仏教の一派が保持していた律蔵から取材したものと推定されており、相当に古い伝承が保存されている。よって、研究者の間では、古代インドの仏教を考察する上で貴重な情報源とみなされ、論文などにもしばしば取り上げられる文献である。


【目次】
第23-25章 素行の悪い比丘の末路
第26章 土塊の布施がもたらしたインドの覇権
第27章 麗しき目がもたらした悲劇
第28章 在家信者の兄と出家者の弟
第29章 権力に勝る心の自在
第30章 スダナ王子の恋愛
第31章 出家して阿羅漢になった五百人の百姓
第32章 自らの体を布施するブッダの本生話
第33章 古代インドにもあったストーカー事件
第34章 布施の種類とその果報
第35章 覚りを開いた愚者
第36章 女性を巡る人間模様
第37章 阿羅漢になった父と地獄に堕ちた息子

Appendix A / Appendix B



【上巻】
「第1章 餓鬼界を遍歴したコーティーカルナ」
~ 「第22章 自らの頭を布施する王」を収録。
【既刊関連書】
『説話の考古学 ~インド仏教説話に秘められた思想』
平岡聡 著 A5判 512頁 税込10,500円 ISBN 4-8043-1054-1