ゴータマ・ブッダのメッセージ

ゴータマ・ブッダのメッセージ

ゴータマ・ブッダのメッセージ ―『スッタニパータ』私抄

羽矢辰夫

四六判
244頁
税込2,484円
本体2,300円
978-4-8043-3072-3
2011.09

苦しみを滅して安らぎを得る―ゴータマ・ブッダは、こころの成長を経て、この究極の目的を実現しました。『スッタニパータ』には、ゴータマ・ブッダのたどった道筋が素朴な表現で断片的に示されています。本書は現代の人々がゴータマ・ブッダの目覚めを指針(=メッセージ)として成長していけるように、それらの記述のあいだに橋を架ける試みです。

〔目次〕
序 章
第一章 『スッタニパータ』
 一 『スッタニパータ』とは何か/二 『スッタニパータ』のエッセンス
第二章 欲望
 一 欲望の対象/二 欲望と出家/三 欲望の消滅/四 欲望の消滅の解釈/
 五 欲望から慈悲へ
第三章 わたし、わたしのもの
 一 こころとからだ/二 自己と世界/三 悩みと苦しみ/四 悩みと苦しみの解決/
 五 『スッタニパータ』の空
第四章 行為
 一 縁起と因縁/二 行為とその結果のつながり/三 セレンディップの三人の王子/
 四 生まれか、行為か/五 行為とバラモン/六 行為と賤民
第五章 ゴータマ・ブッダの生涯
 一 誕生/二 予言/三 出家/四 目覚め/五 ラーフラ
第六章 戒律・瞑想・智慧
 一 戒律・瞑想・智慧の意味/二 在家者の戒律/三 出家者の戒律/四 瞑想/
 五 智慧
第七章 ばらばらコスモロジーからつながりコスモロジーへ
 一 一つの宇宙/二 近代科学から現代科学へ/三 成長という観点/
 四 苦しみから安らぎへ/五 自我から超我へ/六 未と超の混同
終 章