法華経 永遠の菩薩道

法華経 永遠の菩薩道

法華経 永遠の菩薩道 [増補新装版]

菅野博史

四六判
328頁
税込3,132円
本体2,900円
978-4-8043-3073-0
2012.06

『妙法蓮華経』全28品(章)を、原文に沿ってできるだけ正確に要約し、解説する。1993年の初版以来、好評を得てきた『法華経』入門書の増補新装版。
今回新たに加えた付論「『法華経』の現代的意義」では、およそ2000年前の昔に成立した『法華経』から、時代を越えて現代的課題への答えを導き出すための読み方を探る。

なお、本書「序論」では、『法華経』の特色と中心思想について以下のようにまとめている。
・『法華経』の普遍性と永遠性……すべての仏の根源に存在する「法華経」
・一乗思想と人間の平等……すべての人々を将来の仏として尊敬する菩薩道
・ニヒリズムを越えて……輪廻の世界を菩薩道実践の場として意味づける
・永遠の仏……霊鷲山で永遠に説法教化し続ける釈尊の発見
・『法華経』の七喩……宗教文学として魅力的な七つの譬喩