【2018年6月10日発売】古代インド沙門の研究

【2018年6月10日発売】 古代インド沙門の研究

【2018年6月10日発売】
古代インド沙門の研究 最古層韻文文献の読解

山崎守一著

A5判
752頁
税込19,440円
本体18,000円
978-4-8043-0595-0
2018.06

今に残る仏教、ジャイナ教の共通母体としての「沙門」の生き様から、両宗教の教義・独自性確立までをその最古層文献に尋ね、パーリ語、アルダ・マガダ語をはじめとする中期インド・アリアン語に精通する著者が、韻律や音韻論、語源学などを駆使して丹念に読み解いた比類なき研究成果!

【略目次】
凡 例/略号表
第1章 問題の所在と研究方法
 第1節 問題群としての「沙門」/第2節 研究史/第3節 研究の方法と資料

第2章 修行者の名称とその特性
 第1節 沙門/第2節 比丘(乞食者、行乞者)/第3節 自制者/
 第4節 在家からの出家者/第5節 出家隠遁者/第6節 遊行者/
 第7節 苦行者/第8節 声聞/第9節 小結(修行者群)

第3章 聖者の名称とその特性
 第1節 バラモン/第2節 沐浴者/
 第3節 牟尼/第4節 聖仙/
 第5節 聖人/第6節 阿羅漢/第7節 善き修行者/第8節 聡明な人/
 第9節 多聞/第10節 到彼岸者/第11節 仏陀(覚 者)/第12節 勝者/
 第13節 英雄/第14節 如来/第15節 独存者/第16節 駿馬/
 第17節 ナーガ/第18節 小結(聖者群)

第4章 戒の共通基盤と特殊化
 第1節 初期仏教の教戒/第2節 初期ジャイナ教の教戒/
 第3節 戒と誓戒の基本的立場/第4節 ジャイナ教における五大誓戒の成立/
 第5節 仏教における五戒の成立/第6節 仏教・ジャイナ教における戒の起源と特
 殊化

第5章 教理の共通基盤と特殊化
 第1節 法と実践道/第2節 輪廻の思想/第3節 涅槃/第4節 小結

第6章 並行詩脚から見た沙門の実態
 第1節 並行詩節・並行詩脚の種々相/第2節 『ダンマパダ』並行詩脚対照表/
 第3節 「苦行者の詩」に見られる定型句的表現 /第4節 沙門の動態と変容

第7章 結論
 第1節 修行者の実践道/第2節 聖者の理想像と実践道/
 第3節 戒と法、涅槃の概念/第4節 沙門の実践道と変化の兆し

あとがき/英文梗概/索 引/引用索引