「新国訳大蔵経」 中国撰述部 刊行開始
第一期全12冊(年間3冊配本予定)定期購読のご予約を承ります。
 
PDF資料
 
最終更新日:2016/09/08
おすすめ本・新刊・近刊
[頁]:1 [総数]:42 [先頭] [前]
1 2
[次] [最終]

パーリ仏典  ③-5<br>
片山一良/訳
A5判 712頁 税込15,120円 本体14,000円 978-4-8043-1217-0 2016.08
本書には、第三蘊篇のうち量的に最も大部の相応である前半の一相応であり、五蘊に関する説示を内容とする「蘊相応」に分類される15章、159経を収録する。


⑧-2 楞伽経
☆インド撰述部最新刊☆
新国訳大蔵経[インド撰述部]
【如来蔵・唯識部】
⑧-2 楞伽経
高崎直道/校註 堀内俊郎/校註
菊判 430頁 税込12,960円 本体12,000円 978-4-8043-8051-3 2015.12
インド仏教思想の宝庫でありながら、禅仏教の「不立文字・教外別伝」の拠り所となった経典、『四巻楞伽』の全貌!

スリランカの大乗仏教
第25回 【鈴木学術財団特別賞受賞】
スリランカの大乗仏教 文献・碑文・美術による解明
森祖道/著
A5判 496頁 税込12,960円 本体12,000円 978-4-8043-0591-2 2015.06
上座部仏教国スリランカには、かつて大乗仏教が栄えていた!
今は忘れ去られた、彼の国の大乗仏教・密教の足跡を、サンスクリット・パーリ・シンハラ語諸文献はもとより、碑文銘文・美術彫刻など考古学資料をも駆使して、その全貌を丹念に浮き彫りにした画期的総合研究。


ダライ・ラマ『菩提心の解説』
ダライ・ラマ『菩提心の解説』
ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ/著 マリア・リンチェン/訳
四六判 288頁 税込 2,916円 本体2,700円 978-4-8043-3077-8 2015.04
龍樹作『菩提心の解説』全文の読解を通じ、法王自らがチベット仏教の核心である二つの菩提心と最高度の「空」を説き明かした本格的講義録。

大乗起信論新釈
大乗起信論新釈
吉津宜英/著
A5判 210頁 税込2,916円 本体2,700円 978-4-8043-3076-1 2014.10
『起信論』本来の文脈に迫る!
長年『起信論』と諸注釈書の研究に携わってきた著者が、その根幹である如来蔵説の定義そのものを見直し、衆生が仏を蔵するのでなく、衆生が仏に包まれ見守られつつ無限の菩薩行を実践すべきことを説いたという、新たな視座から本論の原意を浮き彫りにする。

倶舎論註ウパーイカーの研究 訳註篇 下
倶舎論註ウパーイカーの研究 訳註篇 下
本庄良文
A5判 496頁 税込 12,960円 本体12,000円 978-4-8043-0590-5 2014.06
失われた有部系阿含を再現する!!
『倶舎論』の随所に現れる断片的引用について、その典拠である有部系阿含資料を豊富に提供する特異な註釈書『ウパーイカー』――本書では、その全文の翻訳に、資料比定などの克明な註記を添える。下巻では、第4章業品~第9章破我品を収録。


倶舎論註ウパーイカーの研究 訳註篇 上
倶舎論註ウパーイカーの研究 訳註篇 上
本庄良文
A5判 496頁 税込 12,960円 本体12,000円 978-4-8043-0589-9 2014.05
失われた有部系阿含を再現する!!
『倶舎論』の随所に現れる断片的引用について、その典拠である有部系阿含資料を豊富に提供する特異な註釈書『ウパーイカー』――本書では、その全文の翻訳に、資料比定などの克明な註記を添える。上巻では、序論(解説)・第1章界品・第2章根品・第3章世品を収録。


パーリ仏典 ③-4<br>
片山一良/訳
A5判 552頁 税込12,960円 本体12,000円 978-4-8043-1216-3 2014.03
本書には、因縁篇後半の「界相応」、「無始相応」、「カッサパ相応」、「利得尊敬相応」、「ラーフラ相応」、「ラッカナ相応」、「比喩相応」、「比丘相応」に分類される182経を収録する。


パーリ仏典 ③-3<br>
片山一良/訳
A5判 576頁 税込12,960円 本体12,000円 978-4-8043-1215-6 2014.02
因縁篇は、相応部の第二篇に当たり、10相応、417経からなる。「因縁」とは、生起・出生・発生などと解されるが、「根拠」とも同義の言葉で、つまり「縁起」に他ならない。その篇名の通り、本篇は十二縁起を主題とする経の集成。本書には、前半の「因縁相応」(縁起に関する内容)、「現観相応」(四諦の了解に関する内容)に分類される235経を収録する。


仏教文献研究
仏教文献研究
袴谷憲昭
A5判 804頁 税込19,440円 本体18,000円 978-4-8043-0588-2 2013.12
なにが仏教なのか― 真摯に仏教文献と向き合った成果の一大集成!
伝統的な三蔵にせよ、大乗にせよ、仏教文献は、仏教教団が生み出したものだ。それにもかかわらず、それらの仏典には、仏教としての思想表明よりも、さらに顕著に自らを壊滅に導く圧倒的な傾向(ヒンドゥーイズム)が認められる。
生活・習慣(インド的通念)に浸蝕されてゆく哲学・思想(仏教教義)


ツォンカパのチベット密教
ツォンカパのチベット密教 
―『真言道次第広論』全十四品解説と第十二品「生起次第」和訳
齋藤保高
A5判 448頁 税込9,720円 本体9,000円 978-4-8043-0587-5 2013.11
日本に伝わらなかった最も深遠な密教―〈無上瑜伽タントラ〉への入門!
インドからチベットへ継承された後期密教の厖大な行法を集大成し、整合性のある教理・実践体系として確立したツォンカパ。その主著『ガクリム・チェンモ』全篇の文脈を丹念に読み解くことで、密教最奥義に至る道筋を開示。


中国唯識思想史研究
中国唯識思想史研究 ―玄奘と唯識学派―
吉村誠
A5判 546頁 税込12,960円 本体12,000円 978-4-8043-0586-8 2013.09
玄奘三蔵はなぜインドへ旅立ったのか?
中国の唯識思想史を、玄奘を軸として通観し、三転法輪説に基づく仏典翻訳や、五姓各別説、一乗説等、東アジア仏教で論争を巻き起こした教理を採り上げ、玄奘その人の思想にせまる。


仏教思想論
仏教思想論 [下]
松本史朗
A5判 544頁 税込14,040円 本体13,000円 978-4-8043-0585-1 2013.04
再び「如来蔵思想とは何か」を問う
上巻に引き続き、瑜伽行派の「一乗」解釈は〈三乗真実説〉であり、一般には〈一乗真実説〉を説いていると考えられてきた『勝鬘経』や『宝性論』も、実は〈一分不成仏〉を説いていることを論じる。


法華経思想論
法華経思想論
松本史朗
A5判 768頁 税込17,280円 本体16,000円 978-4-8043-0578-3 2010.08
本来「一乗とは仏乗である」と説いていた『法華経』が、「大乗」「菩薩乗」を説く大乗経典の一つに転化したことを論証する。
 なお、本書の内容は、当初、『仏教思想論 下』の一章として収録する予定でしたが、分量的な観点から、法華経に関する論文だけを独立させて一書としました。ご了承ください。

仏教思想論
仏教思想論 [上]
松本史朗
A5判 512頁 税込10,800円 本体10,000円 4-8043-0559-9 2004.03
さらなる仏教思想の解明へ
本書では、原始仏教から大乗仏教にいたる仏教思想の展開を、批判的な立場から考察していくが、とりわけ、上巻では、瑜伽行派のテキストの分析により、唯識思想の基本概念がいかに形成されたかを究明する。


『法華玄義』を読む
『法華玄義』を読む 天台思想入門
菅野博史
四六判 416頁 税込5,400円 本体5,000円 978-4-8043-3075-4 2013.04
『法華玄義』が成立する思想史的背景を踏まえながら、『玄義』の全容を、詳細に、しかも的確に紹介する、『法華玄義』と天台思想の入門的解説書。
新国訳大蔵経『法華玄義』(菅野博史訳註、小社刊)を読むのに必備のガイドブック。


①‐4 法華玄義 Ⅱ
菅野博史/訳註
A5判 392頁 税込10,800円 本体10,000円 978-4-8043-8204-3 2013.02
日本人の法華経観に多大な影響を与えた書!
隋・唐代仏教の粋、天台教学――その根本典籍の全文を三分冊で読み解く第二冊目。本書には、五重玄義(各説)の第一「釈名」の後半と第二「顕体」の主要部分からなる巻五上~巻九上を収録する。


①-2 法華玄義Ⅰ
菅野博史/訳註
A5判 376頁 税込10,584円 本体9,800円 978-4-8043-8202-9 2011.09
古来最も読まれた法華経注釈書!
中国・隋唐代の仏教思想と実践論の重要な一翼を担った天台教学。その根本典籍『法華玄義』の全文を三分冊で読み解く。本書の思想は、平安時代より近代に至るまで、日本の仏教のみならず、文化全般の底流に存在し続けた。


元魏漢訳ヴァスバンドゥ釈経論群の研究
元魏漢訳ヴァスバンドゥ釈経論群の研究
大竹晋
A5判 512頁 税込12,960円 本体12,000円 978-4-8043-0584-4 2013.03
唯識学者ヴァスバンドゥ(世親、天親)のもう一つの顔!
大乗経典註釈家としてのヴァスバンドゥに焦点を当てた初めての書。あわせて〈ヴァスバンドゥ二人説〉が成り立たないことを論証する。漢・梵・蔵テキストの間を自在に行き来し丁寧に読み込みつつ積み重ねた、インド仏教思想史の空白を埋める著者渾身の成果!


法華経成立の新解釈 仏伝として法華経を読み解く
法華経成立の新解釈 仏伝として法華経を読み解く
平岡聡
四六判 352頁 税込4,752円 本体4,400円 978-4-8043-0583-7 2012.10
“法華経は〈仏伝〉である”
法華経を仏伝という新たな視座から読み解き、ブッダの過去世/在世/滅後という三部構成の物語であると分析する。誰が何を目指して仏伝を再解釈・再構築し、法華経を創作したのか? ―独自の推論を法華経成立研究史の中に位置づけ、大乗経典理解の新たな可能性を提起する。


①-3 続高僧伝 Ⅰ
吉村誠 ・ 山口弘江/訳註
A5判 432頁 税込10,800円 本体10,000円 978-4-8043-8203-6 2012.09
中国仏教の第一級史料、全訳註!
第1冊目の本書には、経典翻訳に携わった僧侶の伝(訳経篇)と、講説や註釈など教理究明を主とした学僧の伝(義解篇)を収める。
〈『Ⅰ』収録の主な伝記〉
菩提流支・真諦・彦琮・玄奘・梁武帝 他〈訳経篇 初~四〉
梁三大法師(僧旻・法雲・智蔵)・曇鸞 他〈義解篇 初・二〉


白土わか講義集 日本の仏教と文学
白土わか講義集 日本の仏教と文学
白土わか 述/ 加治洋一 校註
四六判 496頁 税込4,860円 本体4,500円 978-4-8043-3074-7 2012.07
伝来し学んだ仏教が、芸術の理念へ、そして民衆の信仰へと、日本人の情操によって独自な形を成していく。数多の仏教文献と文学作品を渉猟して、その状況を追う周到なる日本仏教論―かつて金沢大学で行われた集中講義を核に、各所での講演を配し、併せて11篇の講述を収録する。


法華経 永遠の菩薩道
法華経 永遠の菩薩道 [増補新装版]
菅野博史
四六判 328頁 税込3,132円 本体2,900円 978-4-8043-3073-0 2012.06
『法華経』の正確な全容解説 最適な入門書

経典全体のストーリーの展開を正確に把握できるよう,『妙法蓮華経』全28品(章)を原文に沿って要約し、解説する。
好評の旧版に付論「『法華経』の現代的意義」を加えた増補新装版。


虚構ゆえの真実
虚構ゆえの真実 ―新中国禅宗史
ジョン・R・マクレー著  / 小川 隆解説
A5判 312頁 税込4,860円 本体4,500円 978-4-8043-0582-0 2012.05
禅の伝灯――それは、史実にあらざるがゆえに虚偽なのではない
不立文字、教外別伝の禅の系譜。その「虚構」が生成されていった流動的な過程から、禅の歴史の活きた「真実」を読み取る、躍動的な中国禅宗通史。
話題の書“Seeing through Zen”、待望の日本語版。附、日本語版解説。


パーリ仏典 ③-2<br>
片山一良/訳
A5判 484頁 税込10,800円 本体10,000円 978-4-8043-1214-9 2012.04
本書には、有偈篇後半の「悪魔相応」、「比丘尼相応」、「梵天相応」、「バラモン相応」、「ヴァンギーサ相応」、「林相応」、「夜叉相応」、「サッカ相応」に分類される135経を収録する。


パーリ仏典 ③-1 <br>
片山一良/訳
A5判 432頁 税込9,720円 本体9,000円 978-4-8043-1213-2 2011.06
有偈篇とは、相応部の第一篇に当たり、「偈(詩句)を有する経」の集成である。11相応、271経からなる。本書には、前半の「天相応」「天子相応」「コーサラ相応」に分類される136経を収録する。

南北朝・隋代の中国仏教思想研究
南北朝・隋代の中国仏教思想研究
菅野博史
A5判 616頁 税込18,360円 本体17,000円 978-4-8043-0581-3 2012.01
中国仏教の初期から隋の三大法師(浄影寺慧遠・智顗・吉蔵)までの法華経・維摩経・涅槃経の注釈書に関する論文など主要論考27篇を収め、隋唐代に結実する仏教思想の形成過程を辿る。


中国中観思想論
中国中観思想論 ―吉蔵における「空」
高野淳一
A5判 384頁 税込10,800円 本体10,000円 978-4-8043-0580-6 2011.11
〈とらわれない〉ための戦略!
唯識とならぶ大乗仏教の二大潮流の一つ中観・空思想は、漢訳仏典を通してどのように理解され展開していったか? 隋から唐初にかけて一つの究極に到達したその思想潮流を、中国三論宗の大成者・吉蔵の思想を中心に丹念に読み解く。


①-1 華厳五教章(宋本)・金師子章・法界玄鏡
木村清孝 ・吉田叡禮/訳註
A5判 338頁 税込10,260円 本体9,500円 978-4-8043-8201-2 2011.05
華厳の主要典籍を一冊に収録!
奈良朝に伝来して以来、日本文化に計り知れない影響を及ぼした高度な哲学体系・華厳教学。本書はその綱要書『華厳五教章』、教理を平易に説く短篇『金師子章』、観門における最重要書『法界玄鏡』の3典籍を収める。


インド仏教教団 正量部の研究
インド仏教教団 正量部の研究
並川孝儀
A5判 448頁 税込9,720円 本体9,000円 978-4-8043-0579-0 2011.10
インド部派仏教研究に新たな道を拓く!!
チベット語訳『有為無為決択』に紹介される正量部の説示の全容を解読し、説一切有部とも対比し得る正量部の教理を明らかにする。正量部の実態に迫る初の本格的な研究成果。


ゴータマ・ブッダのメッセージ
ゴータマ・ブッダのメッセージ ―『スッタニパータ』私抄
羽矢辰夫
四六判 244頁 税込2,484円 本体2,300円 978-4-8043-3072-3 2011.09
苦しみを滅して安らぎを得る―ゴータマ・ブッダは、こころの成長を経て、この究極の目的を実現しました。『スッタニパータ』には、ゴータマ・ブッダのたどった道筋が素朴な表現で断片的に示されています。本書は現代の人々がゴータマ・ブッダの目覚めを指針(=メッセージ)として成長していけるように、それらの記述のあいだに橋を架ける試みです。


⑭-18 法華経論・無量寿経論 他
大竹晋/校註
菊判 536頁 税込14,040円 本体13,000円 978-4-8043-8050-6 2011.02
法華経は仏性を説くか? 無量寿経は絶対他力の教えか?
ヴァスバンドゥ(世親,天親)作と伝えられる経典註釈書6典籍を収録。中国・朝鮮半島はもとより日本の諸宗派でも大いに重視され,様々に解釈されてきたこれらの典籍を,インド仏教の諸資料と克明に対比し,著者の精緻な分析のもと本来の主張を探る。

沙門ブッダの成立
沙門ブッダの成立 ―原始仏教とジャイナ教の間
山崎守一
四六判 224頁 税込2,484円 本体2,300円 978-4-8043-3071-6 2010.11
両宗教聖典の比較分析を通して見えてくるものとは? 画期的な視点からブッダの実像とその生きた時代を浮き彫りにする、かつてない原始仏教入門書。

『般若心経』成立史論
☆ 『心経』成立の真相に迫る研究書☆
『般若心経』成立史論 ―大乗仏教と密教の交差路―
原田和宗
A5判 448頁 税込9,180円 本体8,500円 978-4-8043-0577-6 2010.07
謎の聖典『般若心経』の正体!――『心経』の一字一句を経典・論書・仏伝などの諸種の仏典と照合することで、抽象的な文章の本来の意味を読み取り、作者像・製作意図を導き出す。


ブッダの大いなる物語
平岡 聡
A5判  上製カバー装 揃税込23,760円 本体22,000円  2010.06
ブッダの生涯の主な出来事、その時々の縁者たちの想いや行動、それらに因縁話として過去物語を添える。孤高峻絶の仏伝、待望の全訳!!

ブッダの大いなる物語
平岡聡
A5判 580頁 税込10,800円 本体10,000円 978-4-8043-0575-2 2010.06
「序章」「十地」「燃灯仏物語」「ヴァイシャーリー訪問」「降兜率~マーラの誘惑」を収録。

ブッダの大いなる物語
平岡聡
A5判 652頁 税込12,960円 本体12,000円 978-4-8043-0576-9 2010.06
「降魔成道」「仏弟子教化~故郷訪問」「成道直後~ビンビサーラ王謁見」
を収録。

ブッダが謎解く三世の物語
サンスクリット語で書かれたインドの仏教説話集『ディヴィヤ・アヴァダーナ』
日本語訳としてだけでなく、世界でも初の全訳。
未知の文献が新たに紹介される!

ブッダが謎解く三世の物語
平岡 聡
A5判 624頁 税込10,800円 本体10,000円 978-4-8043-0568-4 2007.10
「第1章 餓鬼界を遍歴したコーティーカルナ」~「第22章 自らの頭を布施する王」を収録。


ブッダが謎解く三世の物語
平岡 聡
A5判 600頁 税込10,800円 本体10,000円 978-4-8043-0569-1 2007.10
「第23章-25章 素行の悪い比丘の末路」~「第37章 阿羅漢になった父と地獄に堕ちた息子」及び Appendix A/Appendix B を収録。